« FT-200Sを再生させましょう!(1) | トップページ | こんなカヤックを作りました! »

2010年7月25日 (日)

FT-200Sを再生させましょう!(2)

P7253224s

ケースは水洗い、内部はエレクトリッククリーナーで内部を洗浄!
ケースの錆びが目立つようになってしまいました。
あと、28M帯、、ロータリースイッチの洗浄でみごとに復活!
3.5M、75オームのダミーロードで終段が同調とりきれていない感じ!でちょっとあやしいですが7,14,21M、28Mは完璧です。 大当たりのジャンク品?
あとは、楽しみながら、じみちに調査しましょう。

|

« FT-200Sを再生させましょう!(1) | トップページ | こんなカヤックを作りました! »

コメント

初めまして bunです
私もFT200S 友達から頂きました。
何とか再生したいと格闘していますが、残念ながらハムでありながら修理できません。7メガは何とか送受信できますがパワーがswr計で2W位しか出ていないようです。マイクも無いのでCWでしか判別できません。しかし、いつの間にかCWの送信音が出なくなり最後はクリック音しか出ません
真空管の異常かとも思いますがwebで回路図を見ましたがさっぱり分かりません。なんとかなりませんでしょうか。

投稿: JG1UVH | 2012年12月11日 (火) 17時28分

とりあえず、クリック音しか聞こえなくなったのは、CW用の発振がないからで具体的には回路図上のTR503が発振しなくなったからだと思います。
たぶん、ボリュームをいじると発振するようになると思います。発振の有無は低周波ですからACが計れるテスターでも確認できると思います。
2Wは、、、一歩ずつ調べないと、、、

投稿: nob | 2012年12月11日 (火) 17時50分

ありがとうございます。アナライザーが手に入りましたので、何とかいじっている間にパワーが10W出るようになりました。

たぶん、ボリュームをいじると発振するようになると思います。発振の有無は低周波ですからACが計れるテスターでも確認できると思います。
重ねて感謝します。早速テスターではかってみます。
治ると良いなあ。ありがとうございました。

投稿: bun | 2012年12月27日 (木) 19時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166232/48972101

この記事へのトラックバック一覧です: FT-200Sを再生させましょう!(2):

« FT-200Sを再生させましょう!(1) | トップページ | こんなカヤックを作りました! »