« ラジオ用ICで親受信機 その1 | トップページ | FT-401Sのレストア その2 »

2013年1月27日 (日)

FT-401Sのレストア その1

Imgp1315s
また、、はじまってしまいました。
この機種、オークションでは人気があるみたいで、
ジャンクでも良い値段で取引されているのですが、
めずらしく入札する人がいなかったので、、、

これは、、、後期型FT-401S?でしょうか?
プレート電流がフルスケール600mAとなってます。
なので、ファイナルは6KD6を期待、、でも6JS6Cが2本!

早速、外に持ち出して、お掃除!
不自然な所に錆び&腐食あり、、
あまり素性はよくなさそう??
特に、致命的が破損はなさそうなので、恐る恐る通電!
なんとか、燃えずに済みました。

Sメータの振れは悪いけど、何とか受信している、
送信もわずかに出力あり、
こんな感じは、、、しばらく楽しめそうです。

|

« ラジオ用ICで親受信機 その1 | トップページ | FT-401Sのレストア その2 »

アマチュア無線」カテゴリの記事

コメント

今日は 最近オークションでFT-401Sを
入手しました一応送受信ができます
これからメンテナンスを実施の予定です
何か情報.アドバイス有りましたら宜しく
お願い致します JF1UXJ
測定器が有りませんので耳Sです
メータの振れも今一です
宜しくお願いします

投稿: 下田 亮一 | 2015年4月24日 (金) 17時20分

それは楽しみですね!
このFT401Sはコンデンサー類は元気で抵抗がだめになっていることが多かったです。
発熱部分の抵抗は20〜30%くらい増えていました。
これを改善するとかなりよくなります、ですがプリント基板が弱っていて、丁寧に外さないと銅箔が基板からはがれたりするので注意が必要。基板の上からパラ接続で抵抗値を下げるのが間違いが無く簡単です。

投稿: nob | 2015年4月24日 (金) 19時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166232/56636130

この記事へのトラックバック一覧です: FT-401Sのレストア その1:

« ラジオ用ICで親受信機 その1 | トップページ | FT-401Sのレストア その2 »