« AC100V正弦波出力のインバーターを買ってみた。 | トップページ | トラ技掲載、おじさん工房のSDR-3 送信電波をみてみた »

2018年11月21日 (水)

トラ技掲載、おじさん工房のSDR-3を組み立ててみた。

Img_2797s部品はほとんど実装済みで、
取り付けるのはコネクターとかスイッチ類のみで完成します。
とりあえず、
電源コネクター、
プログラム書き込み用のシリアルポート、
RESET,BOOTのタクトスイッチを取り付け。
その後、マニアル通りにプログラムの書き込み。
ターミナルを接続すると、動作状態が解るようなので接続。

Sdr3_teraterm8月12日版の実行ファイルを書き込んだので、
マニアルとはちょっと違うメッセージです。
ふと、リターンキーを押したら、デバックツールが、、、
隠し機能がいろいろありそう。 ?
 
その後も、せっせとマニアル通りに組み立て、
で、終わったので電源ON
Img_2806s
ラジオ日本の第5高調波を受信しているところです。
トラブルなしであっさりと動きました。
 
マイクコネクターに合ったマイクがないので変調具合はまだ解りませんが、コネクターをクチュクチュいじるとTXモードになってそれなりのノイズが乗るのでまっ送信もなんとか動いているようです。

mcHFと同じマイコンなので、かなり共通部分があるのかと思いましたが、かなり違う構成ですね。
それと、プログラムのソースって民族性が出ますよね、、、
コメントが日本語って事もありますが、こちらの方が解りやすい。
しばらくいろいろといじくり回してみましょ。
 
そろそろ、休眠状態の
SDRのトランシーバーを作ってみよう
を進めないとね。
FPGAの使い方をマスターしないと、思った性能の物は作れなさそうなのが問題なんですよね。。。

|

« AC100V正弦波出力のインバーターを買ってみた。 | トップページ | トラ技掲載、おじさん工房のSDR-3 送信電波をみてみた »

アマチュア無線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166232/67404628

この記事へのトラックバック一覧です: トラ技掲載、おじさん工房のSDR-3を組み立ててみた。:

« AC100V正弦波出力のインバーターを買ってみた。 | トップページ | トラ技掲載、おじさん工房のSDR-3 送信電波をみてみた »