2019年4月 4日 (木)

中華アンプ2種 その3

Img_2978s

その1去年の記事でコイルの巻き数などが書いてあります。

これは100w版です。まっ、180W版と同じ石で回路もいっしょ!

なので結果もほぼいっしょ、5W入力で50W弱の出力でした。

少し増幅率が180W版より悪いのはLPFによる高調波のカット等の問題でしょうか?

出力波形

Img_2976s

LPFが入っているので綺麗ですね。

どちらかというと、100W版はLPF付きなので、そのまま使えそうなのでこっちの方が良いかな?

 

FT8

いまはFT450Mで30W出力で運用しているのだけど、これを使えば50W出しっ放しでも問題なさそう、変更申請しようかな?

 

| | コメント (0)

中華アンプ2種 その2

Img_2974s

その1はほぼ1年前でこの記事です。

入手してから、大筋を組み立ててそのままでした。

で、今回は180Wタイプを動かしてみました。

コイルの巻き数などがいい加減なままですが、もう忘れているので、なにも考えずに配線を仕上げて、電源ON!

バイアスはLの前で4V、入力5Wの状態で出力はほぼ50W。

その後、入力電力を少しずつ増やして、出力が100Wをちょっと越えたところで電源の容量不足が発生、なので180Wまで出るかは不明。

 

出力波形(7.195Mhz)

Img_2970s

ローパスフィルターが必須 ですね。

コイル周りは調整の余地がかなりあるはずなんだけど、まっ5Wが50Wですから、このままで良いかも。

| | コメント (0)

2019年3月23日 (土)

SDRのトランシーバーを作ってみよう SDR-3 送受信部の再現  クリスタルフィルター(2)

今日は寒いし、風も強いし、雨も降ってるし、、、
なので朝から測定かいし〜〜〜
     
4個で500円の21R08AU 
21r08au_01
   
21r08au_02
中心21.4Mhzとなっていたような気がするけど、
21.7Mhzですね。。。バンド外ってのは好いですね!
なんとか40db以上とれているし、2段構成にすれば完璧?
    
   
2個で500円の21M10B 
21m10b_01
   
21m10b_02
これは中心周波数の明記がなかったのだけど21.4Mhzです。
フィルターの測定結果からすると、
もう少し押さえが効いても良さそうだけど、40dbとれてない。
   
   
1個500円の21U12C 
21u12c_01
  
21u12c_02
これは4端子でGNDのとりまわしがイマイチなのと、
ケースが浮いたままなので、本来の特性とは違うでしょう?
スプリアスは局発が少し漏れているだけですから良いですね。
  
フィルターの特性とスプリアスの関係がちょっと変。
データの方向の違いでしょうか?
  
  

| | コメント (0)

2019年3月22日 (金)

SDRのトランシーバーを作ってみよう SDR-3 送受信部の再現  クリスタルフィルター(1)

Img_2926s
遅ればせながらクリスタルフィルターの特性をみてみました。
納得のデータです、
これなら確かにカットできないですよね、、、
これ21M15A(21.6Mhz版)という型番です。
で、オークションで少し集めました。
4
左から
10M15A 最初に試してみたフィルター、21M15Aと同等。
21R08AU 通過帯域08khz、素子数2個?
21M10B  通過帯域10khz、素子数4個 
21U12C  通過帯域12khz、素子数8個 
センターから12Khzと考えると、、、
どれも、ギリギリ40dbくらいになりそうな予感。
クリスタルフィルター(2) へつづく!  たぶん。

| | コメント (0)

2019年3月 4日 (月)

SDRのトランシーバーを作ってみよう 続SDR-3 送受信部の再現

今日も雨、
外であそべないので川向こうにあるサトー電気さんまで
散歩がてらのお買い物。

Img_2900s50Ωのボリュームを2つ買ってきて早速改修。
思った通り、受信感度も実用範囲?になりました。
ただ、7.150Mhzあたりにイメージ?がでてます。

送信は、
Sdr3tx001一応、7Mhzが一番強くなりました。。。
LPFで良いかと思っていましたが、下側も結構でてますね。
BPFでないとだめですね。

おまけ、送受信部の詳細回路図?
Sd3kairozu001そうそう、ボリュームのついでに、
21M15Aという3端子のクリスタルフィルターも購入。
でもBPFが必要なら、21.6Mhzに上げても意味ないのかも?
っていうか、、、まっ、もう少しこれであそびましょ。

追記
やはり21.6Mhzのフィルターのほうが良いですね。
で、これなら好いかな!ってことで詳細を調べたら、
致命的にだめなことが発覚!
送信波から12Khz離れた所に強力なスプリアスが、、、
フィルターでカット出来ていなかったのでした。
クリスタルフィルターを作る気にはならないので、
悪あがきして使えそうなフィルターを探してみましょ。。。。

おまけ
Img_2905s7.05MhzのAMです。
30dbくらいでしょうか、12khz離れたしっかりと出ています。

SDR-3オリジナル
Img_2908sさすがですね、、、60dbとれてます。

おまけのおまけ
Img_2907sあ〜〜と叫んでみた。
帯域幅6Khzはむりですね。。。
SDR-3はクリスタルフィルターの帯域幅が6khzくらだから、
それでおさまっているんでしょうかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 3日 (日)

SDRのトランシーバーを作ってみよう SDR-3 送受信部の再現

Img_2896s10.7MhzのFM用クリスタルフィルターとSA602を2つ、
こんな構成で、無謀にもなにも考えずに直結。
感度悪いけど受信できました。

送信は、、、

Sdr3_txtest辛うじて見えてますね、、、10.7Mhzカットできるかな??
まっ、
フィルターの直結は問題なさそうなので、
信号レベルの調整だけで、良いとこまでいけそうです。

ソフトの改修は簡単で、、、
フィルター周波数のデファインを変更するだけでした。

たぶん、つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月16日 (土)

FT8 パソコンの時計は毎回確認しないとだめなんですね

Img_2862s結構受信しているのに、、、デコードできていない。
で、ラジオ時計の時刻と比較すると数秒のずれが。
Windows10Proなんだけど、
何かのタイミングで時計がずれることがあるのですが、
原因不明。

なので、「時刻を自動設定する」を毎回OFF/ON。

おまけ、
出力30W、
アンテナは7.195Mhzで調整した短縮ダイポール、
アンテナチューナーで見かけ上7.074MhzでSWR1.1に調整。
こんな環境で6大陸交信を目指しているんだけど、
ヨーロッパ、アフリカ方面は、、、オーマンまで、
アフリカは聞こえもしない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 4日 (月)

SDRのトランシーバーを作ってみよう SDR-3 CPU部の再現

Img_2857s やっぱり12Khzが最適なようですね。 ?

コーデックいじりに飽きたので、
エンコーダーが動かないのを調べてみました。
てっきりエンコーダーの互換性の問題かと思って、
aitendoのエンコーダーを物色して似た型番のモノをGet!
動きませんでした。。。
けっきょくCPUユニットの不良で、
2つ作って予備にしているモノと交換してパチパチ!!
(エンコーダーの互換性については闇の中)

不具合はA/D変換部だけのようなので、
LQFP64ピンの半田付けをモタモタしてたのが原因でしょう、
ってことで 歩留まり50%程度の技術しか無い、
RadioBerryの組み立てには手を出さない方がよさそうです。
 
でも、こんな配線でも動くのが確認できたので良しとしましょ!
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月29日 (火)

SDRのトランシーバーを作ってみよう 12khzの受信

Img_2848s7Mhzを受信しているわけじゃないんですね。
おじさん工房のSDR-3のCPU部分の再現なので、
12Khzが受信できました〜〜〜!という画像です。

この12Khz周りをいじってみるつもりなんだけど、、、

おまけ、バラック
Img_2846sVQFNパッケージの半田付けができた!
ってことはRadioBerryの組み立てもできそうですね?
 
補足、2019/01/30
ロータリーエンコーダーが動いていません、
回路も変わっていますが、
エンコーダーも普通のものとちょっと違うみたい?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月23日 (水)

SDRのトランシーバーを作ってみよう その5

Img_2840sその4を書いたのが去年の6月ですから半年ぶり。

mcHFベースは少々難解で同じ物を作ってしまいそう〜〜〜
で中断したまま!
ということで、GNU Radioベースにしようか?、、と迷走。
で、これ!
ハードもスッキリだし、OS もiTRONだし、、、
SDR-3ベースに変更して再スタート?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧